お年寄り 介護食

ビタミンCやビタミンA、食物繊維が高齢者は不足しがち

お年寄りの介護食作り〜食物繊維やビタミンを取ろう

 

水に溶ける食物繊維には海藻に含まれるアルギン酸こんにゃくや果物に含まれている食物繊維があげられます。

 

また水に溶けない食物繊維としては納豆やままめ米などに含まれている食物繊維があります。

 

食物繊維は体内で消化吸収されないとはいっても色々な効果があります。

 

まず水分をたくさん吸収するので大便の量を増やす働きがあります。

 

そうすると蠕動運動が高まり大便がよく放出されるようになります。

 

また今日の中には食物添加物など悪い成分が含まれていますが、それらを代弁として排出することで癌を予防することができます。

 

水溶性の食物繊維はコレステロール値脂質異常症などを緩和するといわれていてコレステロールで作られる胆汁や中性脂肪で食物繊維が付くと排出することができます。

 

そうすると血糖値の急上昇を抑えることもできます。

 

そしてここれー車にはあまり関係がないかもしれませんが、夜中で広く広がるのでダイエットになりやすいという点もあります。

 

高齢者はダイエットはあまりしないと思いますが、勉強しやすいですので、食物繊維をたくさんとって大便量増やすたりしていくことが必要です。

 

ビタミンcは体内で作れないビタミンは体の中にも少し含まれているのですが、基本的には食物から取る必要があります。

 

ビタミンは水に溶ける水溶性ビタミンと油に溶ける脂溶性ビタミンの二つの種類があります。

 

ビタミンaの不足

ビタミンaはレチノールとも呼ばれていていえばあやうなぎなどに含まれています。

 

体内に吸収されるとニンジンなどに含まれている食物繊維のカロチンがビタミンaと同じ働きをするのでベータカロチンとして取ることも大切です。

 

ビタミンaが不足するとまず夜盲症といった夜目が見にくい症状が起こります。

 

あまりにも不足すると目が見えなくなってしまうこともあります。

 

それ以外に皮膚が乾燥したりざらざらになってしまうこと皮膚の症状を起こすこともあり粘膜がパラパラに乾いてしまうこともあります。

 

しかし摂りすぎると体に残ってしまい中毒症状を起こします。

 

夜眠れなくなったり疲労がひどくなるなどサプリメントでビタミンaをとっている人には注意が必要です。

 

ビタミンb1ビタミンb1は疲れの回復に効果的な成分で豚肉や玄米など胚芽成分に多く含まれています。

 

ビタミンb1の特徴は体内で糖質をエネルギーに変える動きをする酵素の働きを助けることそれ以外に直接精神の安定を促すなどメリットもあります。

 

それでpmsと呼ばれる女性のイライラする症状ではビタミンb1を積極的にとることが推奨されています。

 

イライラしやすい高齢者

ビタミンb1が不足しているかもしれません。

 

ビタミンb1が減って起こる病気として有名なのは確定でしょうか以前は食料事情が悪くか気になる方が多かったのですが、そうすると糖質の代謝が悪くなって神経障害などが記さされます。

 

最近ではインスタント食品の食べ過ぎでビタミンb1不足が盛んになってきており高齢者でもインスタント食品ばかりを食べている一つは脚気の症状を引き起こすか違います。

 

ビタミンb2ビタミンb2は体内の細胞の再生を促す力があります。

 

そうすることで爪や皮膚などが再生してきて糖質を大切させる働きもあります。

 

そして過酸化脂質と呼ばれている酸化物質が作るのを防止する働きもあります。

 

ビタミンb2が不足すると口角炎目の充血などが起こります。

 

皮膚病にかかりやすくなるといったトラブルも報告されています。

 

高齢者の介護食はこちら。ビタミンcの効果ビタミンcはコラーゲンや副腎皮質ホルモンを生成する働きがあります。