糖質制限チョコ

体重を減らしたいなら砂糖がゼロの糖質制限チョコがおすすめ

 

ブドウ糖と酸素は体を動かすために必要なことですが、これが廊下のものにもなります。

 

どうかは参加そして10日です。

 

参加は細胞が錆びるような状態で酸素が原因になります。

 

皮を剥いた果物放置しているとだんだんと黒くなってきます。

 

これが参加ですが、これと同じことが人間の体の中でも起きています。

 

そして一方10日は焦げるという風に表現すると相応しいのですが、ブドウ糖が原因でタンパク質ブドウ糖が結合して劣化すると起こります。

 

これがateで脂質も投下されることはわかっています。

 

私たちの体は脂質とタンパク質でできているのでブドウ糖が透過することで洗えるところが老化してしまうということがわかります。

 

AGEsは全身を壊す

ブドウ糖とタンパク質が結びつくことでetcが生まれるんですが、これは体の様々な所にベタベタくっつきその組織を壊してしまいます。

 

例えば皮膚にくっつけるばシミやシワを作り出し腎臓のまくにくっつけるば糖尿病性腎症などを起こします。

 

そして心筋梗塞や脳卒中骨粗鬆症アルツハイマーがんなどに大きな関わりがあることが分かっています。

 

アメリカの大学が地元のところで行った調査があるのですが、65歳以上の女性560人ほどを4年版調査したところAGEsが高い人は死亡率が高いコレステロール中性脂肪喫煙などによる差はありませんでした。

 

 

つまりAGEsは非常に他の疾患ヤシと結びついているということがわかります。

 

もう一方の調査では65歳以上の男性と女性を1000人ぐらい6年間調査しましたが、ページが高い人ほど死亡率が高いということがわかっています。

 

つまり長く生きるためには血中のAGEsを減らす必要があるのです。

 

糖質を摂りすぎると余っとブドウ糖がたんぱく質と結びついて劣化して血中AGEsが上がります。

 

糖質制限はコレステロールを上げるのかもう一つ糖質制限ソフトに悔しい質を食べる量が増えてコレステロールが高くなるそれで心筋梗塞や脳卒中のリスクを高めるという考え方はされていますが、これは誤りです。

 

ダイレクト緊急というものが行われました。

 

カロリー制限はもはや古すぎ

2012年のことですが、カロリー制限ダイエットと糖質制限ダイエットと地中海式ダイエットを行って322について2年間調査して4年間調査して6年間調査しました。

 

そうすると6年後にはリバウンドが起こりましたが、糖質制限ダイエットは1日20グラムその後4年間は120グラムという制限にしていましたが、効果が十分に現れました。

 

このグラフを見るとコレステロールの値もAGEs心筋梗塞のリスクを高めないということが分かっています
医療の先進国はアメリカでダイエットについてアメリカに勝る国はないといってもいいほどです。

 

特にアメリカ肥満が大問題になっていて今の原因のcd高速が非常に多いので肥満の方を減らすことを努力していました。

 

アメリカでは暇の原因は糖質か脂質かという切る音が長々とありましたが、糖質が見逃されて炭水化物をたくさん取った人が今になってしまいました。

 

現在ではそのことは過ちを正して良い糖質が暇の原因となっているということを書いています。

 

出典:糖質制限チョコ