低糖質 味噌汁

低糖質ダイエット・夕食献立・アマノフーズ味噌汁のブログ

低糖質ダイエット・夕食献立・味噌汁のブログ

 

血糖値は動画を流す低糖質の食事すると血糖値が上がりにくくなります。

 

そうすることで糖尿病が起こりにくいということがわかっています。

 

高血糖になると体の中で色々なたんぱく質が頭にくっついてしまうという珍しい現象が起こります。

 

それは糖化反応ともいわれていて最近注目を浴びています。

 

そうすると体内のタンパク質は機能低下して編成してしまうことをいいます。

 

血糖値の激しい乱行木が問題血糖値が乱高下することで評価やガンダムが起こるようになっていきます。

 

酸化ストレスというのは酸化反応でおこる有害な反応で癌の元にもなっています。

 

体が錆びるともいわれています。

 

がこの度の減少によってdnaがダメージを受けたりタンパク質がダメージを受けたりすることで癌になるということも分かっています。

 

また脳細胞が死滅してしまうということも分かっています。

 

血糖値の上昇と下落が激しい人ほど認知機能が低下しているということが分かっていてはるちゃん今病と血糖値には深い関わりがあることが分かっています。

 

認知症はアルツハイマー病など様々な病気があります。

 

が高齢者が多くて上司の奥に置いていくに考えられています。

 

が現在では若年性のアルツハイマー病が増加するということも呼ばれています。

 

一番安くカロリーをとることができるのは油です。

 

しかし油をゴクゴク飲むのは難しいものです。

 

そのため各国物を食べることでカロリーを安く消費しようとします。

 

そうすると血糖値の上昇が激しい生活になってしまいます。

 

心臓病で死亡する確率が高いのは糖尿病の人です。

 

しかし次に高いのは食後血糖値が高い方そして空腹時に血糖値が高くなる方はそれほど正常な人とさがありませんでした。

 

これは日本で得られたデータですが、ヨーロッパで得られたデータでも空腹時血糖より食後血糖の方が危険だということが分かっています。

 

食後は食前の血糖値が高くなるということはもちろんですが、高血糖は心臓病などのリスクを高めることがわかります。

 

そして肌の老化にも糖化反応が深く関わっているということが分かっていて空腹時血糖値だけを測っている人では食後血糖を測る必要があると思います。

 

かがありませんでした。

 

アラン高下することで食物繊維食物の

 

インスリン働きとその光と影

高血糖や血糖値が上がる下がるが激しいということは体にとって悪影響を及ぼします。

 

低糖質ダイエット・夕食献立・味噌汁のブログ
がそれを抑制するためのホルモンがあります。

 

それはインスリンです。

 

インスリンは血糖値が上昇すると膵臓から分泌されて糖質を貯蓄したりエネルギーとして利用できるようにしています。

 

インスリンが通常にちゃんと働いている場合は良いですが、たくさんの糖質を摂取するとインスリンの分泌が間に合わなくなってしまいます。

 

そうすると血糖値が上がります。

 

またインスリンの放出が間に合うと血糖値は正常ですが、体脂肪に変えられてしまうので太るということが上がっています。

 

普段糖質をたくさん食べている人はインスリンを分泌するために水道に負荷がかかって早くインスリンの分泌量が低下することが分かって今更にいつも筋肉を使っている人ほどインスリン対する反応が良いということつまり血糖値が上がりにくいということが分かっています。

 

ですので、膵臓も老化を防止するためには短水化物を減らして腹案負担を減らしてあげる必要があります。

 

 

低血糖の症状

低糖質ダイエット・夕食献立・味噌汁のブログ

 

血糖値が下がった場合に手が震えたり吐き気がするという症状が出る場合があります。

 

su剤という飲み薬の血糖を下げる薬やインスリン注射を使って血糖値をコントロールしている方でも薬の副作用として起こる場合があります。

 

それはインスリンを過剰に分泌することで反応性低血糖といわれています。

 

この場合大量のインスリンが放出されて血糖値を下げすぎてしまうということがあります。

 

なぜ手が震えたり吐き気がするのかというと下がり過ぎてしまった血糖値を上げるために家庭コールアミンというホルモンが分泌されているためです。

 

そうするとだんだんと血糖値が上がってきます。

 

がこのような症状を早く解消するためには糖質を食べて症状を減らした方がいいでしょう。

 

予防としては糖質の摂取を適量にすることがあります。

 

ケトン体について糖質制限をする間ではケトン体についても考えていく必要があります。

 

その前にブドウ糖は何なのかということについてそもそも理解しておかないといけません。

 

ブドウ糖は頭のひとつで人間もこのブドウ糖をエネルギーにしています。

 

人間のエネルギー源はブドウ糖と脂肪酸です。

 

しかし脳にはbbbというものがあってブドウ糖しか通過することができません。

 

体の筋肉などは弟がなくても体脂肪から脂肪酸を取り出してエネルギーを生み出すことができるので問題ないんですが、脳と赤血球はブドウ糖を使わないと生きていかれません。

 

ですので、ブドウ糖以外のものをエネルギー源にするのです。

 

それがケトン体です。

 

体が飢餓状態になってそれが長い間続くとケトン体出てきてブドウ糖の代わりとしてエネルギー源として使われるようになります。

 

しかしケトン体の量があまりにも増えてくるとケトアシドーシスという症状が出てきます。

 

これは体が酸性に傾いてきてしまうことでそうなると意識を失ったり死亡してしまうこともあります。

 

何か原因があってずっと食事ができなくてブドウ糖補給出来ない時は体はケトン体を作ってそれが脳で消費されます。

 

この量がどんどん増えてきてある一定の量増えると北アシドーシスを起こして意識を失ってしまいます。

 

ケトン体で老化予防になるのか肥前ココナッツオイルを食べていると認知症が治るという本が出版されていました。

 

空内容ではココナッツオイルを食べるとケトン体で分泌されて脳のエネルギー源として使われてアルツハイマー病が治るという風に議論が展開されているのですが、それはインスリンの血中濃度が低かった場合だけに寄ります。

 

インスリンが正常に分泌されている人がケトン体を出す目的でココナッツオイルをたくさん飲んだとしても脳の老化を過ぎるとはいうことができません。

 

 

カロリー制限は有効なのか

カロリー制限をすると体にいいということがいわれていますが、実際はどうなのでしょうか。

 

メタボリックシンドロームの対策としてカロリー制限を推奨しています。
低糖質ダイエット・夕食献立・味噌汁のブログ

 

カロリー制限は太っている人の減量方法としては今も最適なものです。

 

太っている人が痩せるためにはまずカロリーを減らすべきです。

 

しかしカロリー制限はなかなか難しいもので人間がこれぐらい食べただろうと思っていたカロリーより実際に多くのカロリーをとっているということが分かっていてつまり腹八分目にしたつもりが腹十分目まで食べているということになっているのです。

 

このカロリー制限が糖尿病に効果があるかどうかは最近はきもいされています。

 

カロリー制限をすると脳の動脈硬化などを防ぎていいということがいわれてきましたが、皿を使った実験ではそうでもないということが分かっています。

 

ですが、一方の研究ではカロリー制限をしようがしまいが寿命には変わりなかったという結果も出ています。

 

しかし興味深い実験の結果に猿にカロリーを減らした場合餌は減るのでイライラして喧嘩をして若いうちに死んでしまった数が多くなって結果的に平均寿命が短くなってしまったという結果は出ています。

 

ですので、人間でもカロリーを減らしたらイライラして仕事の集中力が落ちたり公立が落ちたりして影響を与えないということのある可能性はあります。

 

人間で行われた実験はまだ数が少ないんですが、10年間1200kcalから1800kcal食べ続けた人とそれ以上食べ続けた人の間に体重の増減が見られました。

 

少ないかおりを食べたかたは北7キロ体重減っていました。

 

ですが、心臓病のかかっている方の数は減っていませんでした。

 

 

まだレーダーは少ないので何ともいえませんが、この結果では心臓病の発症には体重が関係しないという風な結論が告げられています。

 

しかし一方で減ったというデータもあって骨密度が低下して大腿骨の骨折リスクが高まったという結果も出ています。

 

 

コレステロールについて

コレステロールは脂質の一つです。

 

低糖質ダイエット・夕食献立・味噌汁のブログ

 

人間のエネルギーはたんぱく質と炭水化物脂質だということがわかっていますが、コレステロールはエネルギーにならない珍しい必須です。

 

コレステロールは何になるかというとホルモンの材料になります。

 

細胞膜や胆汁などに入っている超会議の元にもなっています。

 

つまりコレステロールはなくてはならないものなのです。

 

しかしldl悪玉コレステロールは動脈硬化と深い関係があって体に良くないということがいわれています。

 

コレステロールを下げるため運動したとしても体の中でエネルギーとしては使えないので効果はありません。

 

コレステロールが高い方が動脈硬化脳梗塞になりにくいという風にいう人がいます。

 

その方のいっていることを見ると悪玉コレステロールを減らすためにはどうしたらいいのか食べる悪玉コレステロールの量を減らしたとしても肝臓が自分で作り出してしまう分があるのでなかなか減ることはありません。